借金が二社以上なら「おまとめローン」を検討するべし


カードローンは非常に便利な商品ですが、使い方を誤ると多重債務を引き起こし、人生設計が台無しになる事態を招きかねません。すでに二社以上の会社から借り入れをしている人は、もう多重債務の予備群となっていると考えてもいいでしょう。二社以上から借りている場合は返済スケジュールの管理も厳しくなり、借金を返済するために新たな借金をするという悪循環になる可能性があります。最悪の事態になることを防ぐためには、借金をひとまとめにするおまとめローンの利用を検討したほうがいいでしょう。
おまとめローンとは借金を一本化して、返済を容易にするために開発されたローン商品です。現在、銀行など多くの金融機関がこのおまとめローンを取り扱っており、二社以上からの借り入れを一本化すれば金利が低くなることもあり、月々の支払額が減少することも期待できます。借金の返済を真剣に考えているのであれば、メリットの多いおまとめローンの利用は欠かせないでしょう。
ただしおまとめローンにもデメリットがあります。借金の返済が長期化する事態になれば、その分金利の支払期間も伸びるので総支払額が増えることもあります。また借金が高額になるため、審査が厳しくなるというのもデメリットと言えるでしょう。二社、もしくは三社程度の借り入れならおまとめローンの利用も可能かもしれませんが、それ以上となると審査に合格することが難しくなります。限度額に余裕のある所から借り入れて残債の少ないところを完済、解約するなどして借り入れ件数を減らすか、それもできない場合は債務整理の利用も検討したほうがいいでしょう。